多くの人が悩んでいます|ミラドライで女子力アップ|なりたい自分になれる魔法
女性

ミラドライで女子力アップ|なりたい自分になれる魔法

多くの人が悩んでいます

目元

3種類あります

いつの間にかできてしまう「目のクマ」には男女問わず多くの人が悩んでいます。実は目のクマには茶グマ、青クマ、黒クマの3種類があります。それぞれ原因と対処法が異なるため、まず自分のクマの種類を知っておくことが大切です。茶グマは皮膚にメラニンという色素が沈着して茶色っぽく見えるクマです。紫外線やマスカラ、目をこすったりするなど刺激を与えることが原因となります。目の下だけでなくまぶたにできることもあります。皮膚の下にある毛細血管が透けて、青っぽく見えるのが青クマです。ストレスや睡眠不足、スマホやパソコンの画面の見過ぎなどによって血流が悪くなるのが原因です。黒クマは色が変わるのではなく、皮膚の凹凸によってできる影が原因です。元々目の下の脂肪が少なかったり、加齢に伴い目袋になることで生じます。

マッサージが有効

茶グマは色素の沈着が原因なので、紫外線を避けたり目をこするのを控えるなど刺激を与えないことが大切です。また、美白効果の入った化粧品を用いてスキンケアを行うのも有効です。青クマを治すには血流を良くすることが大切です。目の周りのマッサージや適度な運動、禁煙などが血流の改善に効果的です。黒クマはメイクで隠すのが難しいクマです。どうしても治したい場合には、へこみにヒアルロン酸を注入したり、突出した脂肪を取る手術を受けるという方法があります。このように目のクマの対処法は種類によって異なりますが、青クマの所で述べた血行を良くするマッサージは全ての目のクマの改善に有効です。マッサージは、指の腹で目の下を左右になぞるようにして行います。専用のクリームを用い、優しく行うことが大切です。